テノーミンの効能とは?

テノーミンの副作用について

テノーミンは25と50二つのタイプがあります。働きすぎてしまう心臓を休ませて血圧を下げるというお薬になります。成分はアテノロールになっていて、β遮断薬として使われています。高血圧だけではなく、不整脈に悩んでいる人や狭心症の治療にも用いられています。テノーミンは、応用が効くお薬なのです。もともと喘息や糖尿がある人の場合には、事前に医師に報告を上で服用を検討してください。テノーミンを服用していて、自分で勝手に薬の服用を止めてしまったりすると、狭心発作などの症状が出てしまうことがありますので、独断で薬を中止しないようにしてください。どの程度の効果が出ているのか、また、テノーミンの副作用などが強く出ていないかを確かめるために、定期的な血液検査と心電図が必要になります。服用中に息苦しくなってしまったというような場合にはすぐに受診するようにしてください。お薬の詳細については、主治医や薬剤師に確認してくださいね。